Zum Inhalt springen


web会社
Just another WordPress site


2014年3月6日

ホームページ制作に派手なデザインは必要?

ホームページ制作・デザイン会社を利用するとき、派手なデザインを導入している会社を選ぶ方もいます。
デザインが派手であるほど、注目して人が集まってくると考えているのでしょう。
これに関しては一理ありますが、派手であることと、見やすさは別モノと認識する必要があります。
派手でも見やすければ問題ありませんが、見にくければ逆効果ということです。

派手なページにするほど、ページが重たくなるのは間違いありません。
これは、アクセスした人が苦労するということです。
みなさんも、異常に重たくて表示されるまで時間のかかるホームページがあることを知っているでしょう。
ページが重たすぎて一番下までスクロールするのに数分もかかるページもあります。
ただでさえWEB上の情報は読まれにくいのですから、ページが重たければなおさら読んでもらえないでしょう。
派手なフラッシュを使用したサイトは特にページが重たくなるので注意が必要です。
画像よりも動画のほうが大容量なので、むやみに動画を使うべきではありません。

画像を使用する際も、圧縮して容量を小さくするなどの工夫が必要です。
最低限、自分が読んでいてストレスが溜まらないことが大切となります。

 Bearbeiten 
2014年2月24日

ホームページ制作で本当に売上は上がる?

ホームページ作成会社に作成依頼をするからには、売上が上がらなければ意味がありません。
作成に投じた費用以上の利益を見込めることが何より大切です。

ただし、これについては利益のほうが絶対に上回るとは言い切れません。
費用に対して集客率が思うように伸びなければ、結局は赤字になってしまうでしょう。
テレビCMを例にしても、多額のCM宣伝費をかけたけど思うように売上が伸びなくて、年間数十億円という赤字決算をした業者も実在しています。
ホームページ作成の場合、赤字額はCM宣伝よりもずっと少額になるでしょうが、それでも赤字になるような運営をするべきではありません。

ホームページの売上が上がるか否かは、ホームページ作成会社の裁量にかかっています。
作成会社選びで重要となるのは、売上アップのノウハウを有している会社を選ぶことです。
「デザインに自信がある」と謳っている業者でも、売上のノウハウはまったく持っていないケースも多々あります。
ホームページの基本はデザインですが、これだけでは役に立ちません。
ホームページの訪問者が0であれば、どんなに優れたデザインでも人目に触れることはないのです。
何か一つのスキルだけを強調して宣伝している業者には注意が必要です。

 Bearbeiten 
2014年2月7日

メタタグとは何か

その中の1つにメタタグと呼ばれているHTMLタグがあるのですが、メタタグに表記されている内容は、ホームページを見ても全くわからなくなっています。
しかし、ソースコードを表示させてみると、しっかりとメタタグが使用されているのがわかるのですが、メタタグにはどんな意味があるのでしょうか。
メタタグは使用しても使用しなくても、特にホームページを表示するという事に影響がある訳ではありませんが、SEO対策を行う為には必要不可欠なHTMLタグなのです。
例えばホームページ作成マニュアルというホームページがあるとしますが、検索エンジンに上位表示してもらう為には、キーワードや紹介文などがあると有効的であるという事は知っているでしょう。
そんな時にメタタグを使用して、紹介文やキーワードなどをコード内に入れる事でSEO対策ができるのです。
また、通常ホームページはスタイルシートやジャバスクリプトなどを使用する事が多いのですが、スタイルシートやジャバスクリプトを使用しているという事を宣言する為に用いる事もあります。
ただし、メタタグによる対策は通常どのホームページでも行っているので、逆にメタタグを利用しないと上位表示が難しくなる傾向にあります。
ホームページ制作には

 Bearbeiten 
  編集  ^